By admin

秘書の派遣の仕事に就くとこんなメリットがある!


正社員と比べ採用の基準が厳しくなく実務経験を積める

秘書の派遣の採用基準は派遣先が求める人材にもよりますが、正社員より厳しくないことが多く、実務経験が少ない人や資格を持っていない人も仕事を始めやすくなっています。また、派遣の秘書として仕事を続けるうちに、日々の電話応対や来客対応、事務作業、スケジュール管理などの業務を通じて将来に繋がる経験を積むこともできます。そのため、正社員の秘書を目指したい人や、職業上必要なスキルを身につけたい人は、早いうちから派遣の秘書の働き方について詳しく調べるのがおすすめです。派遣会社によっては、初めて派遣の秘書として就職をする人に対して担当者がサポートを行ったり、研修会やセミナーの受講を勧めたりしているところもあり、安心して働き始めることが可能です。

キャリアが豊富な人は短時間勤務でもしっかり稼げる

過去に正社員として長く役員や責任者の秘書を務めたことがある人は、派遣の秘書として短時間勤務で高収入を得られるケースが珍しくありません。特に、コミュニケーション能力が長けている人や、パソコンや会計、秘書などの検定に合格した人は、基本給だけでなく手当の面でも優遇されやすいため、妥協することなく職場探しをするのがおすすめです。また、秘書の人数が不足している企業においては、週に数日から働けるところや、残業無しの働き方を希望できるところもあります。そのため、待遇にこだわって秘書の派遣の仕事を探したい人は、経験者を対象とした求人を多数扱っている派遣会社に相談をしてみましょう。

秘書の派遣の仕事には、本部長のスケジュール管理、出張手配、顧客対応などのアシスタント業務があります。