By admin

工場はどんな仕事をするところ?知っておきたい工場の求人の選び方

工場での仕事は3種類ある

手先が器用な人やものづくりが趣味の人なら、仕事探しで工場の仕事に興味を持った経験があるのではないでしょうか。仕事として工場に勤める場合、まずその仕事内容を知っておく必要があります。工場の仕事は主に3種類に分けられます。1つ目はライン作業です。ベルトコンベアーに流された部品を、加工や組立あるいは検品をする作業です。製品によっては手作業ではなく、機械を操作して加工や組立をします。2つ目はピッキング作業です。ピッキング作業は、倉庫から部品や製品を指示書どおりに集めてくる仕事です。作業の流れや生産した製品は、誰かが管理する必要があります。それが3つ目の工場の仕事である生産・工程管理です。この仕事には、業務を俯瞰してとらえられる能力が必要です。

求人選びは寮費補助と福利厚生をチェック

工場勤務がどのような仕事かわかったなら、求人票を比較検討して、よい求人を見つけましょう。その際にぜひチェックしたいポイントが寮費補助と福利厚生です。寮費補助は、入寮した際に、寮費の一部もしくは全部を会社が負担する制度です。負担額は会社によって異なります。寮費補助が付いている会社は、それだけ実質的な給与が高いことになります。福利厚生では厚生年金や公的医療保険といった法定福利厚生の項目だけでなく、法定外のものをチェックしましょう。例えば、住居手当・通勤補助費・家族手当などです。これらが充実しているほど、よい雇用条件であるといえるでしょう。なお、一般的に求人票では、寮費補助も福利厚生の項目に書かれています。

寮付きの求人は、家族と同居できるものもあります。シングルマザーの方が子どもと一緒に生活を立て直すこともできます。