By admin

工場の仕事内容や職種にはどんなのがある?


工場の仕事は工程が分かれている

工場の仕事内容は、業種や製造する製品によって違ってきますが、この記事では工場の一般的な仕事内容として説明します。工場での作業の工程を大きく分けると、製造ライン、部品供給、ライン管理の三つです。製造ラインでは、ベルトコンベアで流れてくる製品の組み立てや、加工をします。手作業では、定位置で単純作業を続ける場合がある業務です。手作業以外では、製造マシンを操作する補助的な業務が多いです。その他に、完成した製品に異常がないか確認する検査をする仕事や、同じ種類に分けて箱入れする仕分けの仕事があります。手作業の仕事は、ルーティーン作業が得意でない人には適さないので注意した方がよいでしょう。

責任が大きい部品供給の仕事

部品供給は、製造ラインでの作業がスムーズに進められるように、倉庫から不足しそうな材料や部品を運びます。重い部品を運ぶ場合にはクレーンやフォークリフトなどを使う場合があるので、その資格を取得していると役に立つ現場があります。ただし、台車で対応できることもあるため、必ず必要な資格とはいえません。製造ラインは、どこかの作業が止まってしまうとライン全体に支障をきたすので、部品供給も製造の重要な仕事の一部と言えます。

女性の就業率が高いライン管理

ライン管理は、生産管理とも言われる、製造ラインの管理をする仕事です。重い部品がない組み立てなどの軽作業では、女性の就業率が高い傾向にあります。担当業務は多く、責任がある分、やりがいもあり、給与面で好待遇が期待されます。ただし、全体を把握している必要があるため、製造現場などで経験豊富な人が配置されることが多いです。

コロナ禍で仕事に困っている人は、まずは工場の求人サイトにアクセスして、個人情報を登録しておくと、有益な情報を得ることができます。