By admin

高額収入・海外勤務もあり!プラント工事管理


プラント工事・プラントエンジニアとは?

プラント工事はプラント=生産設備の機械や配管・架台・建屋などの設計から建設・メンテナンスなどを専門的に行う仕事になります。プラント工事は生産設備に関わる知識が必要になるため、基本設計から構築、メンテナンスまで行う機械系プラントエンジニア、鉱物などの製品化プロセスの構築を行う化学系プラントエンジニア、プラントの電力供給・制御システムの構築を行う電気系プラントエンジニア、プラント内の道路設備・湾岸施設の設計・施工管理を行う土木系プラントエンジニアなどそれぞれ専門によって仕事内容が異なっています。

プラントエンジニアに必要なスキル

プラントエンジニアになるためには機械・化学・電気・土木などの専門分野の知識が必要になるため大学の理工学部卒業以上の知識が必要となり、多くのプラントエンジニアが修士以上の学位を取得しているため大学の専攻の段階で専門分野を選択することが必要です。プラントエンジニアとしてのスキルをアップさせるためには、建築CAD検定や機械設計技術者資格だけでなく、建設機械施工技士・土木施工管理技士・建築施工管理技士・電気工事施工管理技士などを専門分野によって取得しておくと就職や転職に有利になります。また、石油・化学・製鉄・発電などさまざま分野でプラントエンジニアの求人がされているため、プラントエンジニアはスキルを活かして入社できる企業の幅が広くなっています。プラントメーカーだけでなく製造を行っているさまざまな企業の就職・転職情報を積極的に収集することがおすすめです。

資格や条件を確認した上で施工管理の求人に応募しましょう。取得済の資格を活用できる求人に絞る方法も可能です。